ゲノム解析ソフトウェアサイト

インシリコバイオロジー株式会社

IMC W716 Auto Copy タブペインの説明

Auto Copy タブペインでは、Batch Homology Search やAuto Annotation を実行する際に サブジェクト フィーチャーから クエリー フィーチャーに自動的に転記される Qualifier の種類と転記条件を設定できます。

Batch Homology Search and Auto Transfer of Qualifier from Hit Subject セクション:

Auto Copy Qualifier チェックボックス:チェックすると、Batch Homology Search および Auto Annotation を実行した時に、Qualifierの 自動転記 が行われます。

Overlap Length トグルボタン:オンにすると、クエリー配列 と サブジェクト配列 の重なりを塩基数で判定します。

Overlap Length テキストフィールド: 正の整数を入力します。クエリー配列 と サブジェクト配列 の 重複領域 の最小塩基数を指定します。最小塩基数以上の重なりを持つ場合、転記が行われます。

Overlap Percentage トグルボタン:オンにすると、クエリー配列とサブジェクト配列の重なりを全体に対するパーセンテージで判定します。

Overlap Percentage テキストフィールド: 正の実数を入力します。クエリー配列とサブジェクト配列の重複領域の割合をパーセンテージで指定します。最小パーセンテージ以上の重なりを持つ場合、転記が行われます。

Number of Copy Subject テキストフィールド: 正の整数を入力します。クエリーとの重なり条件を充たすサブジェクトが複数存在しても、この数を超えるサブジェクトのQualifierは転記されません。

Check Qualifiers to be Transfered from Hit Subject リスト:

全Qualifierのリストがチェックボックスとともに表示されています。リストは縦にスクロールできます。チェックされたQualifierだけが転記対象となります。

Select All ボタン: クリックすると、全Qualifierにチェックされます。

Reverse Selected ボタン: クリックすると、チェックされているQualifierの選択を解除し、チェックされていないQualifierにチェックします。

Feature Setting 共通操作ボタンについてはこちらをご覧ください。

サイト内全文検索

(工事中)

最新更新記事 (ソリューション)