ゲノム解析ソフトウェアサイト

インシリコバイオロジー株式会社

IMC C121 IMC独自設定フィーチャーキー

IMCでは GenBank, EMBL, DDBJフォーマットの ゲノム配列ファイル をロードした際に、独自の Feature Key を設定しています。

また、利用者が独自のFeature Keyを登録することも可能です。

これらの独自Feature KeyはIMCの操作がより便利となるように用意されています。

したがって、IMCでの配列の利用が終了し、外部にこれらの配列ファイルを提供する際などには、独自Feature Keyを除去することができます。


IMCで独自に設定しているFeature Key は以下の通りです。

  • enzyme : 制限酵素認識部位 を示す フィーチャー として使用します
  • Homology :ホモロジー検索 の結果を格納するフィーチャーとして使用します
  • MyFeature :任意の利用に提供しています。
  • ORF_Glimmer1 :ORF探索 結果の一時格納用フィーチャーとして使用しています。
  • ORF_Glimmer2 :ORF探索 結果の一時格納用フィーチャーとして使用しています。
  • ORF_Long :ORF探索結果の一時格納用フィーチャーとして使用しています。
  • ORF_Middle :ORF探索結果の一時格納用フィーチャーとして使用しています。
  • ORF_Short :ORF探索結果の一時格納用フィーチャーとして使用しています。
  • Pattern : 配列パターン の格納用フィーチャーとして使用しています。
  • PCR_Product :PCR産物 の格納用フィーチャーとして使用しています。
  • Primer :プライミングサイト の格納用フィーチャーとして使用しています。
  • TilingArray :タイリングアレイ のプローブの格納用フィーチャーとして使用しています。
  • Unknown : 未知のフィーチャーの格納用フィーチャーとして使用しています。

サイト内全文検索

(工事中)

最新更新記事 (ソリューション)